読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リリーフランキーという男

f:id:nonstandardplaymates:20161107021653j:image

 

先日の文化の日に地元のマーケット日和というイベントにリリーフランキーさんが来るということで行って来ました。

ブックフェスから隣の大学の学祭と共同開催になってもう三年かな?出店も増え家族連れも一段と増えて盛り上がりを見せるマーケット日和でしたが、今年の目玉はリリーさんのトークショーです。無料の限定300名なーんて言われたら早くから並ぶしかないかなと思うのが普通だと思ったのですが、何が何がそこは各務原クオリティ整理券配布30分前でも余裕で入れました。

司会のミズモトアキラさんと打ち合わせなしのトークショー。1時間も延長する盛り上がりを作った訳ですが、市と大学の開催というのもあって下ネタは抑え目。最終的に質問コーナーで真ん中最前列の方々が全て出て来て仕込みあったの?ぐらいの並びと各々の内容。最前列に並ぶということはあの様な覚悟がある人が座るものだと思いました。最後のクレイアートにハマる息子とオカンのオチは感動しました。

リリーフランキー。今では肩書きが俳優に寄り過ぎな感じですが、エッセイを読めばわかるあのトーク力はモテる理由のひとつでしょう。気がつくというのと気付かされる切り口は勉強になりました。やはり男から見ても魅力的な方です。

 

実は、前から各地でやってみえたリリーさんの寺子屋というイベントを岐阜でやりたいというがあったのです。なかなかその機会とかに辿り着けず今に至る訳なのですが、何年かしたら実現してみたいと改めて思ったのでした。スポンサー募集。よろしくです!

 

ところで、仕事は嫌なものというのは勿論ですがそれでも結構楽しんでません?リリーさん。